黄色のタグをクリックすると画面切り替え出来ます


 

火打石の火興し

左手に持った火打石を右手の火打鎌(金具)で打ち擦る様にカチンと打ち付けます、火花を出すコツは石の刃状の所で火打金具のエッジを少し強い力で削る感じで一瞬カチンと打ちます。

石を金具にただぶつけるだけでは石が欠けるだけで火花は出ません

アニメーションをよくご覧になって練習して下さい。

尚、左利きの方は持ち方が反対になります。

 

火打石の上にホクチ(誘火綿)を乗せてこれから着火するところです。

カチンと打った火花がホクチに飛んで着火します。

火花はチリチリ燃え広がります。

良く乾燥したホクチを初心者はやや多めに石の上にこれから打つ縁の所より2~3㎜程度離して乗せます、親指で軽く押さえて動かない様にします。

火打鎌でカチカチ火花を飛ばして着火したら軽く息を吹きかけますといっそう火力が強まります。

 

 

チリチリ燃え広がり出したらそこへ付け木の硫黄部分をあてて息を吹きかけ火力を強くして熱を伝えます。

 

いよいよ付け木が燃え始めます、ここまで来れば成功です。

 

注意!

硫黄が燃え始めますと強いガスが一瞬発生しますので、付け木に顔を近づけない様にして下さい!

 

 

火興しが成功しました。

これでローソク・竈・薪・キャンプファイヤーの着火式に使用出来ます。

火祭りの着火式に使えば雰囲気満点でしょう!

 

尚、成功の秘訣は火花を毎回多く出せる様に練習することです!

コツを掴んでしまえば簡単な事ですね!